花染なぎさの創作ピアノカフェ•カンタービレ │ Nagisa Cantabile
心情日記【日記】コザクラインコとセキセイインコが仲良くなったラブストーリー

【日記】コザクラインコとセキセイインコが仲良くなったラブストーリー

皆さん、おはよう。

今日は、突然うちにいるセキセイインコ、

こはる(白いハルクイン)がでんぐり返りした瞬間を見てしまったので、

共有したいと思う。

 

この子達がうちに来たのは今年の夏の頃。

ペットショップの売れ残りとなってしまった

セキセイインコ-こはる(♀?)

コザクラインコ-すもも(♂?)は、

不思議に仲良くなって可愛い。

境遇が似てるから二人が惹き合ったんだろうか。

こはるがうちに来たときは、警戒心がとても強い子だった。

手が差し伸びたら強く噛まれる
(噛み跡が残るくらい痛い

  「人間嫌いだ!触るな!」

うちに来る前に何かあったんだろうか???くらいに私は衝撃を受けた。

すももの場合は、手が凄く怖がっているイメージだった。

ケージに手を伸びたらすぐ逃げる。

根気よく、

優しく声かけて、

ご飯とお水を用意して、

過ごしやすい環境を整えてあげた1ヶ月が過ぎた頃。

ある日の夜は、

すももの部屋にいらしゃるこはるの姿が見えたのだ!!

そのまま、そっとしたほうが良いのかと悩んだけど、

(普通は同じケージで飼うのがお勧めできない情報が多いので、不安)

眠そうな二人を見て、そっとケージの扉を閉める私だった。

人間不信になったインコたちが、

人間を信用するになるには時間がかかります。

うちの場合は三ヶ月くらいに、心を開けてくれたのです。


とても珍しい例なので、

誰かの参考になれたらいいなぁと思います。


これからは、

二人のことを見守り続けたいです。

About me

1月22日台湾出身。都内在住イラストレーター。 25歳から台湾⇆日本同人誌即売会参加歴5年。 繊細な甘いタッチで、ふんわりした透明感のある絵を得意とし小説装画、ライトノベルの挿絵を中心に手掛ける。小説の中に登場するキャラを生き生きしてるように描くのがモットー。 2022年から『Nagisa Cantabile』でチャンネル開設、あるいは冬コミに参加する予定。 ピアノを中心としたMV制作、同人誌創作、お茶とハーブティー等のパッケージデザを通して、人々の日常に癒しがありますように目指して活動中 ☺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人:花染なぎさ Hanazome Nagisa

1月22日台湾生まれ。
都内在住イラストレーター。
25歳から台湾⇆日本を往復し同人誌即売会参加歴5年。

繊細な甘いタッチで、ふんわりした透明感のある絵を得意とし小説装画、キャラデザなど手掛ける。2022年から新サークル『Nagisa Cantabile』でコミケ、コミティアなど参加。

純喫茶・音楽を中心とした同人誌の創作企画、販売(会場・通販)お茶とハーブティー等のパッケージデザなどを通して、人々の日常に癒しがありますように目指して活動中 ☺

普段、家族とインコと暮らし、息抜きはピアノを弾く生活を送っている。


旧サークル名:夢風船